復縁の告白を成功させる決定的なセリフとタイミング

復縁の告白は、彼を取り戻すため決め手になるほど大きな行為です。
彼女の告白が復縁の決め手になった!というケースも多く、男性にとっても言葉がどれほど大事なのかがわかります。
それほど大事な復縁の告白ですが、女性が考えている告白が必ずしも元カレに受け入れてもらえるとは限りません。
逆に告白をしたことで、復縁に失敗してしまうケースもあるのです。
これは女性が男性心理や告白のタイミングを間違えていることが多く、このことを理解しておかないと復縁が成功できる可能性が下がってしまいます。
良い復縁の告白の例やタイミングについて説明をしますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

復縁の告白は可能性を広げるチャンスになる


復縁するうえで告白は成功の可能性を左右する大事なことになります。
もし別れてそのまま告白しなかったとしたら、距離は離れていく一方ですしお互いまた別の人を見つけて・・・という人生を歩むことになるでしょう。
しかしどうしても彼がいい、好きだけど別れたなら告白しなければなりません。
この復縁の告白はものすごく重要です。
なぜ別れてしまったのか、反省点はあるかなど一度深く考えてから告白に挑みましょう。
相手が100%悪いということは決してありません。
なぜなら好きになる部分があって付き合った相手だからです。
もし復縁の告白の前に自分に非はなかったという思いで告白するつもりならばやめたほうが良いでしょう。
復縁を成功させる可能性は、あなたが反省することも大事になるからです。
参考:復縁の可能性を上げる方法
告白をすれば復縁できるのではなく、復縁の可能性を上げるために告白することを覚えておいてください。

復縁の告白を成功させるには男性心理を知ること


復縁したい時に自分の考えや思いだけでは失敗してしまう可能性があります。
相手がもしまだ自分と復縁する気があったとしても自分の行動次第では『こんな人だったのか・・・』と思われてしまい復縁失敗に終わってしまう可能性があります。
復縁の告白で大事なことは、男性心理を理解することです。
男性の深層心理として、基本男性は追われるよりも追うことが好きと覚えておきましょう。
そのため復縁の告白で、あなたがあまり追いかける未練がある言葉を使うと男性は心理的に冷めてしまいます。
もちろん全ての男性が同じではないので、元カレの性格も把握しておく必要があります。
ですが復縁の告白で大事なこととして、重くなりすぎないことを意識してください。
男性の性格は人それぞれですが、別れてから重い告白をする女性に対し、深層心理として受け入れられない男性は多いからです。
また元カレに復縁を強要したり、彼の悪い部分を指摘するなども逆効果なので絶対に言わないようにしましょう。
参考:男性心理を理解して復縁を成功させる方法

スポンサードリンク

男性に使ってはいけない!失敗する復縁の告白セリフ


さて、復縁の告白をする決意が出来たら告白の言葉を考えますよね。
告白の時にある程度何を言おうかと考えると思いますが、この時男性に言ってしまってはタブーな告白のセリフもあります。
ですので復縁の時はこの発言、告白セリフは避けたい。というものを紹介していきます。

私ほどいい女は居ないよ。

復縁の告白のセリフの際に言ってしまう方もいると思います。
こんなこと言う人いるの?と思うかもしれませんがこの発言の裏には、私以外と付き合ってほしくないという思いや今までパートナーにいい部分ばかり見せるよう努力してきたがゆえに、いい女を努力して演じてきたゆえに出てしまう言葉です。
その気持ちまで察してくれる男性だったらいいかもしれませんが、なかなかそういう男性ばかりではありません。
逆に自意識過剰や別れた理由を反省していないのでは?と疑われることすらあります。
このようなセリフを避けたほうが良いでしょう。

どこがいけなかった?ダメな部分はなおすから。

一見、反省しているので復縁の告白としては良いと思うかもしれません。
ですがこれは、自分のダメだった部分をしっかりとなおすという宣言をしたいがゆえにいってしまう言葉。
しっかりと自分のダメな部分を直す決意があって良いように思いますが、男性からすると、どこがいけなかったのか自分でわかってないのだなと思われてしまいます。
男性というのは言わないでもわかってほしいという心理を持っている人が多いです。
確かに言わないほうも悪いでしょ!と思うことはあると思いますが、復縁したい相手なら、復縁の時ぐらいはそういうことを思っても言わないように心がけましょう。
もし思ったことがあるのならまた付き合ってお互い直していけるようにしていきましょう。

私にはあなたしかいない

これほど異性に言われてうれしい言葉はありません。
しかしそれが一度別れてしまった相手となると話が違ってきます。
これも男性の深層心理が関係しているのですが、別れた彼女がこの言葉を使うと重い女になってしまいます。
ですので、こんなことを言われてもね・・・と男性に思われてしまう可能性が高いです。

わかってくれるのは私ぐらいしかいないよ!

あなたのことを頑張って理解してあげるよ。という思いで言ったのかもしれません。
ですが、この告白を言われた男性としては軽く人格を否定されているような意味合いに受け取ってしまいます。
意味を変換すると私なら理解できるけど他の人には理解されないと思うよ。といわれている気分になります。
ひねくれた受け取り方だと思う方もいると思いますが、男性というのは実はかなりネガティブな方が多いです。
自分がそういう意味を含んでいなかったとしてもマイナスな意味でとらえられてしまう可能性がありますので復縁の際は発言に注意が必要なのかもしれませんね。

私のこと嫌いなの?

一度は付き合った相手です。
嫌いなわけではない可能性もあるのですが、復縁において好き嫌いでは解決出来ないような複雑な思いが含まれています。
私のこと嫌いじゃないなら付き合ってよ。
といわれているような感じに思う男性も少なくないと思いますし、この言葉は避けたほうが良いでしょう。

復縁の告白で成功する可能性を上げるお勧めのセリフ


復縁の告白で使わないほうが良いセリフをご紹介いたしましたが、逆に復縁したい思いは強いのにどんな言葉で伝えたらいいかわからない・・・
男性の気持ちを配慮した復縁の告白におすすめのセリフをご紹介いたします。

反省の意思を伝える告白

まず元カレに復縁の意思を伝えるのならば、別れて反省している告白を行うのが効果的です。
自分が悪かった部分を反省したことを素直に伝えれば、きっと彼もあなたのことを見直してくれるでしょう。
告白のセリフとしては、「本当にごめん!自分の行動を考えたら、別れるのも当然だったと思います。本当に反省しているので、やり直せないかな?」といった反省がわかる告白をしましょう。
この言葉で無理という男性は少なく、少し考えてみるよと言った回答を貰えるケースが多いです。
考えてもらう余地があれば、復縁のチャンスを広げることができます。

強要をしない告白

男性は心理的に別れた女性に強い発言をさせることを嫌います。
「よりを戻して!」や「やり直そうよ」といった、強要する告白は逆効果になるので注意してください。
それよりも「もう一度やり直せないかな・・・」程度に可愛げある告白にすると成功しやすいです。
こうした反省の色も見えるセリフにすることで、男性も考え直してみようと思ってくれます。

彼の大事さを強調する告白

男性は心理的に頼ってくる女性を好む傾向があります。
そのため弱弱しい態度で彼へ復縁の告白をすることで、彼もあなたのことを受け入れやすくなります。
具体的には、「やっぱりxxxのことが忘れられないの。もう一度考え直してもらえないかな・・・」といった、か弱い告白が効果的です。
元カレからすると、やっぱりあなたには自分しかいないと錯覚するでしょう。
女性らしさをアピールすることも、復縁の告白では大事なポイントになります。

素直な気持ちを伝える告白

心からの素直な気持ちは、元カレの心にもきっと届きます。
「xxxのことが大好き!」こうした言葉は、男性の心にも響くので復縁の告白としては効果的です。
ただし好きという気持ちだけでは弱いので、最初に説明した反省の告白などを入れるとより成功の可能性を上げやすくなります。

復縁の告白はタイミングも大事


いろいろと復縁の告白について説明してまいりましたが、告白をするにあたってタイミングもかなり重要な要素となってきます。
例えば別れてすぐだといろいろ理由があるとは思いますが別れた嫌気が残っていたり、早すぎるだろ!と思われてしまいますし、逆に遅すぎた場合相手の気持ちはどこかに行ってしまっているかもしれません。
ですので復縁の告白をするとしたら、半年ほどたったころに告白するのがちょうどよいタイミングだといえるでしょう。
この時期であれば、ある程度お互い反省している時間が持てるので、冷静にあなたの言葉を受け入れやすくなります。
この時期に彼の気持ちがあなたに向いていれば、きっと復縁の告白を受け入れてくれるでしょう。
[fukuen]