復縁が無理なケース!?絶対に可能性はないと思っていたが復縁できた体験談

これって復縁は無理!?と思うほど難しいケースがあります。

ほとんど無理と思う状況でも、復縁を成功させることができる可能性もゼロではありません。

なぜなら復縁の可能性は、あなたの行動次第で変わるからです。

今ではSNSが発達し、互いの現状がわかり、連絡が取りやすくなったりしているので、昔のように全く連絡がとれないから復縁は無理ということもありません。

また復縁に成功するためのノウハウも充実しているので、可能性がゼロに近いほぼ無理な状況でも復縁できるケースもあります。

一度別れたカップルは復縁に成功すると、以前にもまして恋の炎が燃え上がりますので、復縁を諦めないでください。

だからこそ多くのカップルが復縁をしてゴールイン(結婚)したり、幸せそうに過ごしている姿が見られます。

ですので、復縁は無理!と決めつけないでください。

▽当たると評判!おすすめ占い▽

復縁が無理だと考えられるケース(彼氏が理由)

最初にご紹介するのは男性に問題があって「復縁が無理」と思われているケースです。

男性がストーカー化してしまうケース

まず最初にあげるのが「男性がストーカー化してしまう」というケースです。

この場合、男性の束縛が激しくあなたから元カレを振ったということが破局の原因にあるでしょう。

そしてその元カレがあなたを諦めきれずにストーカー化。

仕事現場に現れたり、SNSを事細かにチェックしたり、偶然を装ってあなたの前に現れたり。

別れても一方的にメールやLINEを送ってくるような男性は、すでに「ストーカー」疑惑ありです。

彼氏がストーカー化した場合、復縁は無理と考える女性がほとんどです。

ですがその愛を受け入れることができるなら、復縁は絶対に無理というわけではありません。

ただし将来幸せになれるかは別になるので、このケースは一人で悩まず誰かに相談することをおすすめします。

男性がDV男になってしまう

次にあげるのが「男性がDV男になってしまった、つまりあなたに暴力を振るうようになってしまった」というケースです。

客観的に考えればDV男になった時点で別れることが当たり前なのですが、このように暴力を振る男と、暴力を振られる女性の関係の中で共依存(依存し合う)関係が出来上がってしまうことがあります。

女性心理としては「このダメな男を支えてあげるのは私ぐらいしかいない」と言った自己犠牲的な思いが出来上がってしまい、別れられなかったり、別れても結局復縁をしてしまうことはよくあるのです。

このケースもストーカー同様で、愛を受け入れられるなら復縁は絶対に無理ではありません。

ただし同様に将来の幸せを考えた時、彼のDVが改善しないのならば復縁しない方が良いでしょう。

男性が他の女性と交際、または結婚しているケース

次は「あなたと元カレが別れた後に他の女性と交際していたり、結婚をしている」というケースです。

この場合、あなたが復縁をするには不倫関係になるか、あるいはその恋人と別れるのを待つかになります。

このケースは新しい恋人と別れることがあれば、復縁は絶対に無理とはなりません。

良くあるパターンとして、新しい恋人と付き合ってみて、元カノの良さがわかるということがあります。

時間はかかりますが、焦らずじっくり彼の気持ちが戻るのを待つことで、復縁は無理ではありません。

男性が仕事で手いっぱいになっているケース

男性は特に仕事に夢中になることが多いです。

男性理由の破局の2つの大きな原因として、「遠距離恋愛になること」と「仕事が多忙になること」があります。

仕事が手一杯で別れる男性の心理としては、仕事に集中させてほしいのに彼女が理解してくれないことがあります。

このケースは、彼女が彼氏の仕事の忙しさを理解し、あまり構ってもらえなくても我慢することが大事なります。

忙しすぎて別れると考えると、新しい恋人も同じになるリスクがあるので気をつけて下さい。

このケースは、男性の仕事が落ち着いたら復縁できることも多いので、絶対に無理なパターンではありません。

復縁が無理なケース(彼女が理由)

次にご紹介するのは、彼女に問題があって「復縁が無理」だと思われるケースです。

女性側が男性側を束縛しすぎている

女性側が男性側のことを好きすぎて束縛をしてしまい、破局してしまうというケースはよくあります。

これは女性側の男性側に対する愛情表現が行き過ぎてしまっただけなのですが、時にはそれが仇となってしまうこともあるのです。

とにかく男性心理としては「自由でいさせてほしい!」「ありのままでいたい!」という気持ちが非常に強いのです。

だからこそまだ結婚していないにも関わらず、

「何時に帰ってくるの?」
「メールはちゃんと返して」
「毎週、どこかに連れて行って」

などという要求を繰り返されるのは非常に辛いものなのです。

そのようなことに最初は我慢もできますし、女性側の愛情表現なのだと受け取る余裕もあるのですが、あまりに続きすぎるとそれは束縛として受け取られてしまい我慢が限界に達します。

そうならないためにもできるだけ男性にはありのままでいさせてあげましょう。

そして程よく男性に感謝をしたり、褒めてあげることで、多少の束縛も我慢ができるようになりますのでおすすめです。

恋際当時よりも彼氏が彼女に魅力を感じない)

男性が女性のことを好きになる条件は、「中身」と「外見」の二つです。

もちろん中身は非常に大切なのですが、彼女が彼氏の外見を重視する以上に、彼氏も彼女の外見を非常に重視します。

特に男性は、付き合ってから彼女に魅力がなくなったと別れる人も多いです。

このケースの場合、女性が女としての努力を怠らなければ復縁は無理ではありません。

年齢とともにどうしても容姿は衰えてしまいますが、それでも維持することで彼の気持ちを取り戻せます。

またこの場合、一度別れたとしても、また復縁できるケースも多いので諦めないでください。

新しい恋人ができる

元カノに新しい恋人ができた場合、元カレとの復縁は無理だと考えたほうがいいでしょう。

女性の場合、男性と違い恋人優先で考えることが多いです。

そのため元カレは過去の人となり、復縁することはほぼ無理に近くなります。

ただし稀に新しい恋人に魅力がなくなった場合、元彼に戻ることはあるので絶対に無理ではありません。

その時の彼女の気分次第ということもあるので、復縁にはタイミングが大事になります。

復縁は無理だと思っていたが成功した体験談

次に「復縁は無理だ」と思っていたけれど、成功した体験談をご紹介します。

彼に振られたけれど自分磨きを頑張って復縁に成功

交際当時よりも体重が増えてしまい、ある日、彼に外見を理由に振られてしまいました。

確かに私も太った自覚があり、もう私に魅力を感じないのかな、そう思い破局を了承しました。

しかしこの時、私の中には「絶対に元カレを見返してやる!」という復讐心にも似た気持ちが湧いてきました。

女性としての魅力を取り戻すため、エステに通ったり、ジムに通ったり、ヨガを始めたり、食生活を改善したりと自分磨きに精を出しました。

その結果、半年で交際当時よりも体重を減らすことに成功。

運動を続け、食生活を改善したことにより、外見は以前よりも美しくなりました。

そして再度、元カレにアプローチ。

見事に元カレの気持ちを引き戻すことに成功しました。

遠距離で破局をしたけれどSNSがきっかけで復縁

学生時代から交際していた彼がいました。

互いに気持ちは持っていたものの、社会人としての勤務地が東京と大阪に離れてしまい、徐々に疎遠な関係になってしまいました。

そして徐々にお互いの気持ちが離れ、自然消滅をすることになりました。

しかしSNSのFacebookで、常に元カレの現状については知っていました。

そのため元カレが今、どのようなことが好きで、どこにいるのかもある程度分かっていました。

そして元カレが転勤で私の住む町の近くに来たことを知り、私は改めて元カレに連絡を取りました。

そこから頻繁に連絡を取り合い、遊びに行くことになり、ディナーなどにも出かける関係にまで発展しました。

そして二人で旅行に出かけた日に彼から復縁の告白があり、見事二人の関係は元どおりになりました。

彼に新しい恋人が…それでも諦めず待ち続け復縁

ある日、他に好きな人ができたと言われて振られてしまいました。

理由が理由だったのでどうしても諦められきれずに、私は元カレへの思いを長い間秘めて生活をしていました。

その間、何人かの恋人ができるまでに発展しましたが、いつも心の中には元カレがいました。

そしてある日、元カレと私の共通の友人から「元カレが恋人と別れてフリーらしい」という情報を入手。

ちょうどその時は私もフリーで、まだ元カレに対する思いが残っていたため、元カレの誕生日にLINEを送ることにしました。

それがきっかけで元カレは復縁を果たすことになりました。

無理だからと最初から諦めないで

復縁が無理だと思っても、きっかけやタイミングで復縁に成功することはあります。

無理だからと最初から諦めてしまうと、あなたに向いている彼の気持ちが本当に途切れてしまいます。

諦めて簡単に納得がいく答えなら良いのですが、好きだけど別れるのは後悔が必ず残ります。

本当に復縁が無理かどうか、よく考えて結論を出してください。

もしあなたが復縁は無理と思っているケースでも、その運命を変えられる可能性はあります。

別れて辛い日々をずっと過ごすのならば、勇気をもって一歩踏み出してみて下さい。