同じ人と再婚できる!?デメリットを乗り越え復縁して再婚する方法

同じ人と結婚しても、また失敗してしまうんじゃ・・・

そんな不安を持っているけど、元旦那と復縁して再婚したい女性も実は多いです。

もちろん離婚して、お互いの悪い部分を反省して、再婚をして上手くいっているケースもあります。

ですが同じ失敗をして、また離婚するケースも当然あります。

同じ人と再婚する場合、そのデメリットと復縁して再婚するまでに超えるべき壁をしっかりと理解することが重要になります。

もちろん元旦那が好きという気持ちも大事ですが、再婚するということは、好きという気持ちだけでは上手くやっていけないからです。

離婚して同じ人と再婚するのはアリ?

離婚して同じ人と再婚する夫婦、そんな人いるの?と思うかもしれませんが、復縁して再婚する人たちは当然います。

でも一度失敗しているのにどうして?と思うでしょう。

同じ人と再婚している人たちが、どんな状況で離婚したのか、そして再婚する理由などについて紹介します。

好きなのに仕方なく離婚した夫婦が再婚することが多い

元旦那と再婚しやすいのは、好きなのに事情があり仕方なく離婚した夫婦、例えば借金問題や義実家との関係といった離婚原因のケースが多いです。

借金で生活が苦しくなったので一旦離婚することになった、義実家で同居していたけれど義両親と気が合わなくて離婚に至ったなどあるでしょう。

こうした事情があって“離婚したくないけれど、離婚せざるを得なかった”夫婦が、離婚原因が解決したことで再婚するパターンが多いのです。

相手の欠点などを知っているから再婚したら喧嘩になりにくい

一度離婚したということは、相手の欠点や嫌いなところがよくわかっているはずです。

ということは同じ人と再婚したときに、もう同じ失敗は起きにくくなります。

離婚して同じ人と再婚は、相手の悪いところも良いところも理解できているため、次の夫婦生活では喧嘩になりにくいメリットがあるでしょう。

離婚して同じ人と再婚することは別の人と再婚するよりアリ

あなたと離婚した元夫との間に子供がいる場合、離婚した元夫と再婚する方が、別の人と再婚するよりも子供にとっても良い選択だといえます。

とくに母親であるあなたが子供を引き取っていた場合、あなたが別の男性と再婚すると「血のつながったお父さんは?もう会えないの?」と混乱するでしょう。

元夫が子供を引き取っていた場合も、元夫が別の女性と再婚することで、「いきなり別のお母さんが現れた」と戸惑ってしまいます。

離婚して同じ人と再婚することはおかしなことではありません。

そうできるのであれば、同じ人と再婚した方がメリットが大きいこともあるのです。

同じ人と再婚する前に考えておくこと

同じ人と再婚することは、また同じ失敗をしないために離婚の原因を知ることも重要になります。

なぜ離婚することになったのか

同じ人と再婚する前に考えておきたいこと、それは“なぜ離婚することになったのか”という点についてです。

離婚原因はあなたと元夫のどちらにありますか?夫または妻の、どちら有責で離婚したのでしょうか。

同じ人と再婚してまた離婚してしまう夫婦の原因は、1回目の離婚原因の蒸し返しです。

再婚できたのにまた離婚することがないように、離婚原因と、どうすればその原因を解決できるのかをじっくりと考えましょう。

再婚したいのは寂しいからではなく夫を愛しているからか

あなたが同じ人と再婚したいと思うのは、離婚して寂しい気持ちになったからでしょうか。

ただ寂しいからという理由だけで再婚しようとしても、寂しさが埋まれば「やっぱり離婚したい」と2回目の離婚を決意してしまうかもしれません。

離婚しても同じ人と再婚したいくらい元夫を愛している、そのくらいの覚悟があるのかどうか自分に問いかけてください。

復縁後に再婚したあとまた離婚することがないか

復縁して再婚できたものの、また離婚してしまっては周りにも呆れられてしまいます。

「本当にこの人と再婚してもいいか、また離婚することがないか」を、しっかりと考えてください。

ちょっとでも「やっぱりあの人のここが許せない…、もしかしたらまた離婚しそう」と思うことがあるなら、再婚はまだ早いでしょう。

胸を張って「私の夫はこの人しかいない!」と言えるくらい元夫の全てを受け入れられるなら、再婚することであなたは幸せになれます。

離婚して同じ人と再婚するデメリット

同じ人と再婚するということは、いくつか超えなければならない壁があります。

周りの理解を得るのに手間がかかる

離婚して同じ人と再婚する場合のデメリットでよくあるのが、周りの理解を得ることの難しさです。

自分の両親、元夫の両親、そして会社の人や友達から「え!離婚したのにまた同じ人と再婚するの?」と心配されることがあるでしょう。

心無い人からは「離婚した相手と再婚なんて、また失敗するよ」と厳しい言葉を投げかけられることもあります。

両親からは再婚を認められないかもしれない、という場合もあるのだと覚悟しておきましょう。

書類の手続きが面倒

離婚したあとに苗字が変わったり引っ越しをして住所が変更となった場合、再婚して一緒に暮らすようになると書類の手続きが面倒というデメリットがあります。

保険証、免許証など手間も時間もかかる手続きを複数行わなければなりません。

仕事をしながらだと、なかなか手続きに時間を取ることができないでしょう。

実は同じ人と再婚する方がデメリットが少ない

離婚して同じ人と再婚する場合のデメリットを2つ挙げましたが、実は同じ人と再婚する方がデメリットが少ないのです。

一体それはどうしてか、2つのメリットを交えながらご紹介しましょう。

再婚禁止期間が除外される

女性の再婚には、禁止期間が設けられています。

再婚禁止期間は女性のお腹に赤ちゃんがいた場合を考慮して作られた法で、“100日経たないと再婚できない”とされているのです。

しかしこれは元夫とは別の人との再婚で適用されるもの。

離婚して同じ人と再婚する場合には除外されます。

2人の間に子供がいた場合は子供も幸せになれる

同じ人と再婚する場合、その人との間に子供がいたならば、子供も幸せになれます。

今やシングルマザー、シングルファーザーは珍しくありませんが、両親が揃うことで経済的にも安定するでしょう。

子供が父親と母親どちらにも懐いている場合、子供の精神衛生上でも同じ人との再婚はメリットがあるといえます。

離婚して同じ人と復縁して再婚する方法

復縁する前に離婚の原因を解決する

離婚したけれど同じ人と復縁して再婚したい、その場合にしておきたいことは、離婚の原因を解決しておくというものです。

あなたに離婚の原因があるならば、元夫に連絡を取る前に解決しておきましょう。

借金があるなら返済完了させる、魅力を感じられないと離婚されたなら自分磨きをするなどです。

元夫側に原因があって離婚したのであれば、それを受け入れる覚悟を決めましょう。

再婚したときにまた離婚してしまわないように、これはとても大切なことなのです。

自分の素直な気持ちを相手に伝える

元夫と再婚したいなら、そう思っている素直な気持ちを相手に伝えてください。

あなたが有責で離婚したのであれば、復縁して再婚したいと言う前に、まずは離婚原因について謝りましょう。

そして「あなたとやり直したくて借金を完済した」、「あなたにもう一度好きになってほしくて綺麗になった」と自分の努力を伝えます。

直接言うことは難しいなら、メールや手紙がおすすめです。

会って話すのであれば、感情的にならずにひたすら愛情を伝えてください。

復縁した場合のメリットを提示する

あなたと復縁して再婚することでどういったメリットがあるのか教えることで、再婚成功させることができます。

例えば家事が得意なら「働きながらまた家事を頑張るから」、手に職があるなら「夫婦で稼いで一軒家を買おう」とアピールするのです。

アピールポイントがないなら、離婚前は出来なかったことが出来るようになったと伝えるといいでしょう。

あなたと復縁して再婚すると良いことがある、幸せな夫婦生活を送れると思わせることがポイントです。

元夫が求めていることは何かを察知して、自分を売り込んでください。

相手の両親を味方につけて復縁へ持っていく

元夫があなたとの再婚に乗り気ではない場合は、元夫の両親を味方につけてそちらからアプローチしていくという方法もあります。

相手側の両親と仲が良かったなら、「元夫君とやり直したいと思う、協力してほしい」とお願いしましょう。

その際に「今度は絶対に離婚しない」ということもしっかりと伝えておきます。

元夫の両親から「○○ちゃんと再婚した方があなたも生活が楽になるでしょ」と言ってもらえれば、元夫の性格や生活環境によってはすぐにでも再婚できるでしょう。

優柔不断で人の意見に流されやすい性格の夫なら、是非この方法を試してみてください。

自分の都合ばかり押し付けない

同じ人と復縁して再婚するためには、自分の「早く再婚したい!」という都合ばかりを押し付けてはいけません。

再会したらすぐに再婚の話しをするのではなく、相手もあなたと同じ温度になるまで、友達以上恋人未満の期間を続けましょう。

そして相手もあなたのことがまた好きになってきたと感じたら、恋人関係になり、そこから少しずつ再婚に向けて行動します。

「早く再婚して!」と急かしてしまっては、相手も「離婚した相手と再婚なんて嫌だな」と思ってしまうかもしれません。

再婚へ導くには慎重に、時間と手間をかけてゆっくりとが大事です。

同じ人と再婚して失敗しないためにすべきこと

相手の嫌な部分も受け入れる

同じ人と再婚できたのにまた離婚をしてしまわないように、相手の嫌な部分も受け入れられるようになりましょう。

一度恋人から夫婦になったのなら、元夫の気に入らない部分や嫌いな部分もわかっているはずです。

元旦那の嫌な部分をただ拒否するのではなく、受け入れてあげてください。

受け入れるのが出来そうにないなら受け流しましょう。

どうしてもこのままではまた離婚しそうだと思ったら、軽く注意することも夫婦生活を続ける上で大事なことなのです。

そのときは感情的に注意するのではなく、「○○をするよりも、××した方がもっと良くなるよ」と褒めながら直してほしいところを伝えましょう。

お互いに欠点を埋め合わせる

相手にばかり「ここを直して」「ここをもっとちゃんとして」と言うのでは、相手があなたに対して不満をもってしまいます。

お互いがお互いの欠点を埋め合わせるようにしていくことで、再婚してもまた離婚ということを防げるのです。

もしも相手が料理が苦手で掃除が得意なら、掃除を任せて料理はあなたが作りましょう。

そうやって2人で補おうとすることで、夫婦愛も深まりますよ。

相手を束縛せず信用する

「また離婚しないように、相手の行動を把握しておかないと!」なんて、束縛してしまえば一気に離婚コースです。

不安に感じたとしても、スマホを盗み見たり定期連絡を入れさせたりなど、束縛するのはいけません。

そんなことをしていると相手は「俺って信用されていないんだ…」とあなたに不信感を持ってしまうからです。

同じ人と再婚しても失敗しないコツは信用すること、せっかくあなたの「やり直したい」という気持ちを受け入れてくれた相手を信じましょう。

不安なことがあるならスマホを勝手に見るのではなく、直接本人に「こういうことが不安で…」と相談してください。

喧嘩のときに離婚した原因を蒸し返さない

同じ人と再婚して、しばらく夫婦生活を続けていると喧嘩が起きることもあるでしょう。

離婚した原因が夫にあった場合、それを喧嘩のときに言いたくなっても絶対に蒸し返してはいけません。

「あのときあなたが浮気したから!」「借金を作ったせいで…」なんて言ってしまうと、相手は「まだそんなこと言ってるのか」と怒ってしまいます。

怒られるとあなたも「反省してないの?」とますます怒りのボルテージが上がってしまいますよね?これが良くないのです。

喧嘩になっても、どんなときでも離婚原因を持ち出さない。

そうすることでまた離婚してしまう事態を防げるでしょう。

同じ人との再婚に不安があるなら

離婚して同じ人と再婚することは、どうしても不安が残ってしまいます。

彼のことは好きだけど、やっぱり同じ失敗を繰り返すのではないか・・・

このような不安を持つことは当然で、その不安を解消できなければ、復縁することは難しいでしょう。

  • 元夫と上手くやっていけるか
  • 同じ失敗を繰り返さないか
  • 復縁して再婚できるのか

こうした不安を解消する方法として、有名占い師に相談する方法もおすすめです。

有名で復縁や再婚に強い占い師であれば、彼の気持ちや元旦那との再婚後の未来など、あなたが不安に思っていることをきっと解消してくれます。

不安を抱いたまま再婚するよりも、彼の気持ちや将来を視てもらって再婚したほうがきっと安心できますよ!

▽本気で彼と復縁したいなら電話占いに相談を▽

もしあなたが復縁の悩みを抱えているのであれば、復縁に強い電話占いに相談することをおすすめします。

  • 彼と復縁したいけど、どうしたらよいかわからない
  • 彼に連絡して今の気持ちを知りたいけど、嫌がられるのが怖い
  • 彼は私のことをどう思っているの
  • 復縁して、彼と結婚して幸せな未来を送れるのか不安

復縁に強い電話占いは、復縁の的中率が高いと話題で相談する女性が増えています。

使い方も簡単で、電話であなたと彼の生年月日と名前などを伝えるだけで、彼の気持ちや復縁成功のアドバイスを頂くことができるのです。

占って頂けるのは全国的に有名な占い師で、初回は無料お試しで優先的に鑑定してもらえるのです。

電話占いなら復縁成功の的中率が高い占い師があなたの悩みをきっと解消してくれます!

▽本当に当たる!復縁に強い占い師▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です