復縁は冷却期間が大事!私が復縁に成功できた体験談

復縁には冷却期間を設けることが必要だとはよく言われることですね。
でも、復縁の冷却期間といっても具体的にどれくらいの期間なのでしょう?
好きな人に連絡するのを我慢するのは辛いもの。
冷却期間が必要な理由を理解しなければ、ただ辛い時間を待つだけになりますよね。
実際に復縁までの冷却期間はどれくらいが最適なのか、そして冷却期間の過ごし方について説明します。

スポンサードリンク

冷却期間で復縁したいなら連絡してはいけない


冷却期間とは、あなたから彼に連絡するのをやめる期間のことになります。
これまであなたはどれくらいの頻度で相手に連絡をしていたでしょうか?
毎日?一日おきくらい?一週間に一度くらいなら、相手にも迷惑にならないかなと冷却期間の連絡の頻度は難しいものです。
冷却期間中の多くの男性の意見としては、週に一度でも連絡していれば毎日するのと同じことだそうです。
冷却期間の連絡の頻度ですが、もし連絡をしているのなら今すぐやめましょう。
復縁のために、今日から一切連絡をとらないと決めてください。
その理由として、恋愛は二人の気持ちのエネルギーバランスがとれていないと始まらないものだからです。
あなたの恋のボルテージを下げ、相手のあなたに対するマイナスの感情を浄化するのに必要な期間、それが復縁のための冷却期間です
では何故、このような冷却期間がひつようになるのでしょうか。

男性は冷却期間を持つことで復縁の意思が芽生える


元カレは、あなたにどんな気持ちで別れを告げたと思いますか?
辛いでしょうが、想像してみて下さい。
あなたの元カレは、今はあなたと一緒にいない方がいいと決めたから、別れを告げたのです。
それは、あなたのことを本当はまだ好きでも、嫌いになっていたとしても、同じこと。
今あなたと距離を置くことは、相手がいま、心から望むことなのです。
やりたくないことを強要してくる相手を、あなたは好きになれますか?
「今、これ食べてる☆」他愛ないメッセージに、可愛い食べ物の写真。
こんなさりげないメッセージでも、連絡をするという行為だけで、あなたが空気を読めない元恋人だという印象を促進してしまう残念な行為だということを自覚しましょう。
ただでさえ復縁は簡単なことではないのです。
新しい恋はゼロからのスタートだけど、復縁はマイナスからのスタートです。
でも、復縁の可能性はゼロではない。
ならばまず、ゼロ地点に立つために、あなたは相手のなかで新しいあなたになることが必要になります。
厳しい言葉になりますが、ただ想い続けているだけで、振り向いてもらおうという考えは捨てて下さい。
人って、一週間や十日で変わるとあなたは思いますか?
冷却期間が短いと、「あいつ相変わらず人の気持ちを考えられないやつだな」と思われても仕方がありません。
相手の気持ちを考えなさいなんて綺麗ごとを言うつもりはありませんが、あなたの恋愛発作を鎮めるためにも冷却期間は大切なことになります。

スポンサードリンク

短い冷却期間では復縁に逆効果


冷却期間の長さとして、1週間位が調度よいのではと聞くこともあります。
稀に1週間の冷却期間でも復縁しているカップルはありますが、その多くは些細な喧嘩などが原因になります。
考え方の違いで少し口論になって別れたや、相手が浮気していると勘違いしたなど、冷静になって話せば解決できる問題の場合は1週間程度の冷却期間で復縁することができます。
ただし多くのケースはもっと深刻な状況になり、1週間程度で復縁できることはほぼありません。
逆に1週間だと考える時間が少なく、より多くの悩みが出て復縁に失敗してしまう可能性が高くなります。
復縁の成功には、きちんとお互い考える時間が必要になるので、冷却期間は1週間以上設けることをおすすめします。
ただ1週間から2週間では短すぎるので、1ヶ月位の冷却期間なら関係が戻るのでは?と思う人もいるでしょう。
1ヶ月位時間を置くと、お互い少し冷静になるので復縁できるチャンスは広がります。
ただし条件があり、男性側が1ヶ月で復縁を考えられるほどあなたを想っていたかが重要になります。
男性の場合、別れて1ヶ月はあなたのことを考えないようにしているケースも多いです。
まだあなたのことをしっかりと考えていない状態であれば、正直なところ復縁するのは難しいでしょう。
1ヶ月は冷静になることができる期間になりますが、冷却期間としてはもう少し長く持った方がいいかもしれません。

復縁に最適な冷却期間の長さは


連絡をとらないと決めたとしても、辛いのが冷却期間。
できれば早く連絡をとって、改めて魅力をアピールして、あなたには私が一番なのよ、あなたを幸せにしてあげるためなら何でもするわ!って攻めていきたいですよね。
恋愛に能動的な人ほど、連絡を我慢するというのは苦しいことだと思います。
答えを言うと、冷却期間は決めてしまった方がいいです!
この期間は、絶対に連絡とらない!って決めてしまうのです。
その理由としては、漫然と冷却期間を過ごすより、全然楽になるからです。
冷却期間の基本は、3~4ヶ月間。
長いと感じますか?
ですが、連絡をとりたい方には長くても、連絡をとりたくない方にはあっという間の期間になります。
これに、別れた後のあなたの態度で期間をプラスマイナスしていきましょう。
素直に綺麗に、相手を尊重して別れてあげたあなたは、相手の印象が幾分緩和されているはずだから、一か月早く連絡してもいいと思います。
逆に、泣いたり喚いたり、取り縋ったり、メールを送りまくったりしてしまったあなたは、プラス二か月くらいはした方がいいかもしれません。
冷却期間のポイントは、相手のあなたへの感情が少しでもリセットされるくらいの間をおけたか、になります。
短すぎず長すぎず、3~4ヶ月位が最適な冷却期間になります。

冷却期間で相手に連絡したい発作が出たときのやり過ごし方


もうそろそろ連絡してもいいよね?
これは誰でも思うことです。
だって、連絡したいじゃないですか!
好きな人が何してるのか知りたい!
連絡しちゃダメって思うだけで、わーって頭を掻きむしりたくなるくらい、辛いことです!
この気持ちは、復縁したいと思ったことがある女性なら誰しもわかることだと思います。
連絡したくなったときは、自分の心の中を覗いてみて下さい。
そこに、「連絡しないと相手に忘れられてしまうのでは?」って恐れはないでしょうか?
それが出たら、忘れてもらうために冷却してるのよ!って自分を叱咤してあげて下さい。
さらに相手が何してるか知りたい、と思ったら、知ってどうするのさ、と冷めた目で自分にツッコンであげましょう。
連絡したい発作が出た時には、「今、連絡とってもう付き合えないのと、今連絡を我慢してまた付き合えるの、どっちがいい?」と考えて下さい。
復縁は、少ない可能性を少しでもアップさせる苦行の道。
辛さに耐えることは大変なことになりますが、幸せな未来のためには我慢も必要になります。

  • でもやっぱり彼が何を考えているか知りたい・・・
  • 彼が今、何をしているのか不安・・・

冷却期間は、こんな考えを持ってしまいます。

冷却期間に復縁の可能性を上げるには


大好きな人への連絡を我慢するのは、とても辛いことですよね。
でも、冷却期間は相手とあなたの気持ちをまた近づけるための大切な時間です。
つらい時だからこそ、できることをするのが大事になります。
とはいっても、やっぱり彼が何をしているのか気になりますよね。
もしかして浮気しているんじゃ・・・こんな不安がよぎることもあると思います。
冷却期間は彼との連絡を取らないほうがいいですが、彼の気持ちがわからないと復縁に失敗します。
なぜなら復縁はタイミングが重要で、そのタイミングは彼の気持ちがあなたにある時になるからです。
彼が冷静になれ、あなたへの気持ちが再燃したときが復縁の成功率が最も上がる時です。
冷却期間はあくまで復縁の可能性を上げる一つの方法。
もし彼の気持ちがわかれば、短い冷却期間でも復縁に成功することができます。

私がたどり着いた解決策は電話占いでした

彼の気持ちを取り戻すには、彼の今の気持ちを知って、その気持ちに合わせてアプローチすることで復縁することはできます。
正しい行動ができれば、たった少し行動を変えるだけでも彼の気持ちを取り戻すことができるのです。
私は彼に振られたとき、電話占いを使って冷却期間や復縁のアドバイスをもらいました。
電話占いで彼の気持ちを透視してもらい、彼と復縁するための方法を教えてもらったら、驚くことに彼から返事が返ってきたのです。
本物の当たる占い師に出会えれば、あなたの復縁もきっと叶います!

  • 彼の気持ちをしりたい
  • 絶対に彼と別れたくない
  • どんな方法でもいいから復縁したい

こんな悩みを持っているのなら、電話占いを使って彼の気持ちを取り戻してください。
[fukuen]