元旦那と再婚できる!離れた気持ちを取り戻し復縁に成功する方法

離婚した元旦那と再婚したい・・・

元旦那と再婚できるか、それともできないのか、これは“やり方によってはできる可能性が高い”といえます。

離婚後にもう一度同じ人と再婚する人は意外と多くいるのです。

別れてからお互いに冷静になったことで、「やっぱりもう一度あの人とやり直したい」という気持ちが出てくるからでしょう。

離婚をしても元旦那と再婚できた人たちは、どんなケースが当てはまるのでしょうか。

元旦那と復縁しやすいケース

旦那と別れる理由はいくつかありますが、どんな別れ方をしたのかで復縁の成功率が変わります。

復縁しやすいケースとしては以下のことがあります。

双方が納得して別れた、円満離婚だった

双方が納得して離婚していた場合、お互いに納得して離婚したのですから、それほどわだかまりもないでしょう。

このケースは元旦那と再婚できる可能性がとても高いです。

むしろ元旦那と再婚をすることで、離婚前よりも更に良い夫婦関係が築けるパターンが多いのです。

そのため、元旦那側も再婚に乗り気になってくれて、とんとん拍子に再婚が決まりやすい傾向にあります。

借金問題や浮気などといった離婚の原因が解決した

この場合は離婚した原因が解決したことで、2人とも心にゆとりが出てきています。

元旦那も「離婚原因がなくなったなら」と再婚を決意しやすいのです。

離婚の原因となった借金、または浮気などを教訓とすることで、再婚したときに離婚危機に陥りにくい夫婦になれるでしょう。

子供のことや経済的な理由から再婚した方がお互いにメリットがある

この場合、子育てのことや経済的な理由から再婚した方がメリットが大きいと元旦那側が判断すると、再婚成功率も上がります。

職種によっては結婚していることが出世に有利となる場合もあるので、そういった仕事に勤めている男性なら再婚に応じてくれやすいでしょう。

男性側が復縁したいと思っているのも、子育てが絡んでいるケースが多いです。

元旦那との再婚で良くある失敗

再婚のために行動したけれど、元旦那から再婚を断られてしまった…。

そんなことが起きないように、再婚のよくある失敗とそれを回避する方法を知っておきましょう。

よくある失敗例は以下の通りです。

また、それをどう回避するべきか、実際にその失敗を回避した方法も交えてご紹介します。

自分だけが再婚に乗り気で無理やり事を進めた

自分ばかりが再婚したいと思っていても、元旦那も同じ熱量で再婚したいと思っていないと、再婚しようとしても難しい部分があります

元旦那は再婚についてどういう気持ちでいるでしょうか。

あまり乗り気じゃないのに、「再婚した方がお互い得だから!」なんて無理やり事を進めていませんか。

とくに元旦那が優柔不断な性格なら要注意。

熱意に流されて再婚に応じてくれるものの、気持ちが伴っていないと「やっぱり無理」なんて再婚する前に逃げてしまう恐れがあります。

元旦那が自分に不信感を持っていた

再婚でよく起きる失敗が、元旦那が別れた元妻に不信感があるせいで、再婚について前向きに考えられなかったというものです。

この場合も、自分ばかりが元旦那と再婚したいと思っていても、元旦那があなたに愛情をもっていなければとても難しいでしょう。

離婚により失ってしまった愛情はなかなか取り戻せません。こうしたことが原因で再婚したいのにできないという女性は多いのです

元旦那との復縁成功率を上げる方法

再婚を成功させるためには、どうして離婚したのか原因を追究し、そして原因の解決が重要です。

では具体的にどんなことをすればよいか、復縁のために必要なこと。

元旦那両親や友人を通じて連絡を取ってみる

離婚理由によってはいきなり2人きりで会うのはリスクが高いです。

妻側のあなた有責で離婚をした、または元旦那ではなくどちらかといえばあなたが率先して離婚を進めたなど、離婚理由によってはいきなり2人きりで会おうとするのはいけません。

元旦那もあなたから連絡をもらったとき「久しぶりに連絡できて嬉しい」と思うより、「やっと生活が落ち着いたのにひっかきまわさないでくれ!」と怒るでしょう。

あなたから直接元旦那へ連絡をしても、受け入れてくれる可能性は少ないと考えられます。

そこで、第三者を間に入れるとお互い冷静になれます。

おすすめなのは、元旦那とあなたとの間に第三者を入れることです。

例えば元旦那のご両親やお姉さん妹さん、お兄さん弟さん、あるいはあなたと元旦那の共通の友人ですね。

まずは第三者に「元旦那と連絡を取りたい」と伝え、そして第三者の人から「元妻さんが久しぶりに声が聞きたいって言ってたよ」と伝えてもらいましょう。

間に第三者を挟むことで元旦那も冷静になれますし、第三者からあなたの気持ちを伝えられた方が、よりその言葉を信じやすいのです。

第三者はあなたに対して協力的かつ元旦那が好意的に感じている人にしてください。

会うときも元旦那両親や友人を同席させることも効果的です。

離婚後に初めて元旦那と会う、その場合も2人きりではなく出来れば元旦那両親や兄弟、あるいは元旦那と共通の友人に同席してもらいましょう。

2人きりで会うと言われると元旦那も「それはちょっと…」と警戒しますが、「元旦那の姉も交えて久しぶりに3人で食事を」なんて言われれば断る確率も減るのです。

元旦那と2人きりで会うのは、第三者を交えて1~2回会って、元旦那の警戒心がある程度薄れてからにするといいでしょう。

3~4ヶ月の冷却期間を置いてから連絡を取る

離婚後すぐ連絡しても受け入れられない男性は多いです。

離婚したあとすぐに元旦那へ連絡をしても、元旦那は離婚当時の気持ちを引きずっているせいで、元妻に対して「連絡しないでほしい」とネガティブな気持ちになることもあります。

そうなるとますます2人の関係はこじれてしまいますし、元旦那が再婚したいと思うまで更に時間がかかってしまうでしょう。

すぐに連絡を取りたくなる気持ちもわかりますが、相手側の気持ちが落ち着くまである程度の冷却期間を置いた方が意外とうまくいくのです。

遅すぎず早過ぎない冷却期間として、3~4ヶ月の冷却期間を置くと復縁に成功しやすいです。

1年、2年も冷却期間を置いてしまうと、相手側も気持ちが冷めきっていたり、新しい恋人ができている可能性も高いと考えられます。

かといって数週間~1、2ヶ月しか経っていないのに連絡をしても「別れたばっかりなのに再婚したいとか言われても…」と元旦那も困惑してしまうのです。

あなたも冷静になっている、そして相手側も離婚後の新生活が落ち着いた反面ちょっと寂しい気持ちが出てきた、離婚後3~4ヶ月経った頃が一番気持ちを受け入れやすいでしょう。

連絡は明るいテンションで取る

離婚した相手からいきなり連絡がきて、しかも「ちょっと話しがあるんだけど…」なんて暗いテンションで言われると、誰だって嬉しい気持ちより警戒心の方が強くなります。

連絡をするときは明るいテンションで「久しぶり、声聞きたくなって電話しちゃった」、「最近何してる?良かったら今度飲みに行かない?」など軽いお誘いをしましょう。

そしてなるべく最初のうちは再婚したい気持ちを隠しておくこと、いきなり再婚したいなんて言わず元旦那がその気になるまで、思わせぶりな態度を取るだけにしてください。

離婚について反省している態度を取る

離婚原因が妻有責の場合、離婚に至った経緯について深く反省している態度を取りましょう。

そして元旦那に再婚を申し込む前に、まずは謝罪をしてください。

「離婚した原因についてこれだけ申し訳ないと思い、反省している」と伝えれば、元旦那もあなたに対しての怒りや不快感を抑えてくれます。

こうしたことは、再婚後に円満夫婦でいるためにも大切なことです。再婚前にわだかまりを解消しておくことで、再婚後は幸せな生活が手に入るのです。

相手を責めず、受け入れる

例え離婚の原因が元旦那にあり、元旦那有責で夫婦生活が破たんしたのだとしても、再婚したいと伝える際に元旦那を一方的に責めるのはいけません。

それよりも「私にも至らないところがあったから…」と自分にも原因があると伝えることで、元旦那も「俺を受け入れてくれるんだ」とあなたに信頼を寄せるでしょう。

再婚する前に元旦那を責めない、受け入れるという方法を取っておけば、再婚後に「性格が合わない…」「やっぱり離婚したい」と思うこともなくなります。

対策をしても復縁は難しい・・・その理由は

復縁の成功率を上げる方法を紹介しましたが、こうしたテクニックだけで再婚をするのは簡単ではありません。

なぜなら大事なことは、元旦那の気持ちであり、彼の気持ちがなければ再婚をすることができないからです。

どんなに彼のことを想っても、元旦那に想いがなければ再婚は難しいでしょう。

元旦那と再婚するために最も重要なことは、彼の気持ちを知ることになります。

彼の気持ちがあなたに向いていれば、再婚は決して難しくはありません。

でもどうすれば彼の気持ちを知ることができるの・・・

元旦那の気持ちを知ることが復縁の近道

復縁を成功させるには、元旦那の気持ちを知ることが第一になります。

もし元旦那の気持ちがあなたに戻っていれば、話し合いで復縁することは難しくありません。

逆に彼の気持ちがまだあなたに向いていないのであれば、まだ復縁のタイミングではありません。

このタイミングが復縁を成功させる大きなポイントになります。

では復縁のタイミングを知るにはどうすればよいのでしょうか?

元旦那と復縁したいけど、彼の気持ちはわからず、いつ行えばよいのか不安が募ってしまいます。

これは元旦那と復縁を望む女性ならば必ず直面することで、他の人に相談しても簡単に解消できるものではありません。

別れてしまうと、不安や焦りから彼のことがわからなくなり、復縁の最適なタイミングを逃してしまいます。

せっかく彼の気持ちが戻っているのに、そのチャンスを逃してしまうと復縁することが無理になってしまいます。

復縁はその時の心理状況で成功するか失敗するかが決まります。

大事な瞬間を間違えないことが、元旦那と復縁する成功の秘訣になります。

私が復縁に成功できたのは

私は彼と別れてから、必死に復縁の方法を探しました。

復縁本を読んだり、ネットなどで「復縁の方法」などで検索しました。

ネットや本には、「冷却期間をおく」や「彼の気持ちを知ること」といったありふれた回答しかありませんでした。

冷却期間や彼の気持ちがわからないから、こうして悩んでいるのに・・・

そんな時に、雑誌で見た「電話占い」で復縁ができることをしりました。

電話占いって何?本当に復縁できるの?と正直、あまり信用はしていませんでした。

でも何としても彼と復縁したかったので、最後の賭けとして利用してみることにしました。

こちらが実際の復縁体験談になります。

>> 結婚を考えていた彼から別れを告げられて、半年で復縁できた体験談

よかったら復縁の参考にして下さい。

電話占いで復縁に必要なことをアドバイスしてもらえた

電話占いについて色々調べて、復縁に強い電話占いがあることを知り、そこでどうすれば復縁できるか占ってもらいました。

占いの結果、まず私の嫉妬や束縛に彼が疲れてしまったことが原因だから、それを改善することから始めるように言われました。

そして占い師から、彼と復縁するためのアドバイスや連絡の方法、復縁のタイミングを丁寧に教えて頂きました。

私の場合は、

  • 半年までば彼から連絡が来る
  • 彼はあなたのことが嫌いになって別れたわけではない
  • あなたから連絡をしてはダメ!彼が決断する時間を与えることが大事

この3つを意識すれば、上手くいくと言われました。

正直、不安はありましたが、占い師の言う通りにしていたら、半年ほどして彼から連絡がありました!

彼も別れてからずっと悩んでいたようで、また一緒に生活したいと考え直してくれたようです。

待っている時間は長かったですが、きちんと冷却期間を設けたことで彼が冷静に考えられるようになったのだと思います。

焦って復縁を迫らなくて、本当に良かったです。

復縁したいけど、どうすれば良いかわからないという人も多いともいます。

そんな時は私も利用した電話占いで、復縁のタイミングや復縁の方法を相談してみて下さい。

>> 【復縁】当たる占い師に相談する

電話占いって当たるの?

私は復縁できたので信用していますが、電話占いって当たるの?と思っている人もいると思います。

実際、電話占い会社は多く、「当たらない!?」口コミもあります。

また、高額請求されるんじゃ・・なんて不安を持っている人も多いと思います。

私も不安があり、徹底的に電話占いについて調べました。

復縁で電話占いに興味があるけど、どこが当たるのか知りたい・・・

そんなあまり知られていない電話占いについて、実際に使ったり、電話占い会社で働いていた人と知り合いになったり、同じような悩みを持つ人の口コミを聞いたりしました。

こちらが当たると口コミ評価の高い電話占いになります。

【復縁】当たる電話占い

信頼できる電話占いは、初めての人でも安心できるように初回無料で利用できるポイントがあります。

また、有名占い師が数多く在籍していて、口コミ評価が高いのも選ぶポイントになります。

実際に利用した口コミもあるので、電話占い選びの参考にして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です